【徹底解説】ホームヘルパー2級が廃止、資格は「介護職員初任者研修」へ移行

2013年4月からヘルパー2級は廃止され、介護職員初任者研修になりました

pixta_7321911_S

「ホームヘルパー2級」は、2013年3月末で廃止になり、2013年4月から「介護職員初任者研修」へ移行されました。今後の介護人材の養成体系を整理し、介護業界で働く人たちの目標を分かりやすくすることが目的です。

制度改正前にホームヘルパー2級講座の受講を開始している方は2013年4月以降、「介護職員初任者研修修了者」として認められ、改正後も介護職員として従事できます。

このページをご覧になられる方の多くは受講前でいらっしゃると思いますので、「ホームヘルパー2級」と「介護職員初任者研修修了者」の違いについて詳しくご説明します。

ホームヘルパー2級と介護初任者研修の違い

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修では、研修課程全体の時間は130時間と変わりません。しかし、介護職員初任者研修はスクーリング(通学)の時間数が約90時間になります。ホームヘルパー2級のスクーリングは51時間ですから、通学による時間が大幅に増えることになります。30時間の施設実習が無くなる分、スクーリングの時間が増えます。スクーリングは通信講座であっても、学校に通って、受講しなければなりません。

また、介護職員初任者研修では、全課程修了後に修了試験があり、試験に合格しなければなりません。受講すれば誰でも取得できる資格が、修了試験に合格しないと取得できない資格に変わります。試験の難易度は現時点では不明ですが、難易度は高くなることが予測されます。

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い
ホームヘルパー2級 介護職員初任者研修
受講時間 130時間 130時間
講義 58時間 40時間
実技スクーリング 42時間 90時間
実習 30時間 なし
※内容に偏りのある30時間の施設実習を廃止
内容 主に在宅サービスに念頭を置いた内容 在宅・施設の双方で共有できる内容
修了試験 なし
※全課程修了後に資格取得
あり
※修了試験に合格後、資格取得

「筆記試験」ができたことが、大きな違いです。

介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)学習の進め方

pixta_11012455_M

課題学習(通信学習)

テキストを見ながら課題を進めていきます。学校へ通う必要はありません。制限時間はありませんので、自分の好きなペースで進められます。課題は問題形式になっていますので、テキストを見ながら解答を記入して提出します。解答はすべてテキストに記載されていますが、解答がどこに記載されているか分からない場合やテキストに記載されていることが理解できない場合などは、スクールに質問をすることもできます。

実技演習(スクーリング)

48時間(8日間)で修了します。学校で介護技術の練習をします。実際に介護ベッドから車いすに乗せたり、寝返りの手助けをしたり、食事介助をしたり、繰り返し練習をします。正しい介護技術は、安全で安心な介護サービスを提供するためにとても重要なもので、利用者に安心感を与え、介護者の腰痛やケガを防止するために役に立ちます。 学校では、受講生同士が介護者役と利用者役となって介護技術を体験的に練習しますので、介護する側と介護される側の両方の立場になって学習できます。

介護実習

30時間(4日間)で修了します。総仕上げに、実際の施設などで本物の利用者に対して介護サービスを提供する実習を行います。必ず、施設などの職員の方から実習のオリエンテーションを受けて、サポートしていただけるので心配いりません。

施設実習
16時間(2日間)

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホームなどで、1日のサービス提供を体験します。

デイサービスセンター実習
6時間(1日)

デイサービスセンター、デイケアセンターなどで、1日のサービス提供を体験します。

訪問介護実習
8時間(1日)

ヘルパーステーションのホームヘルパーの方と一緒に利用者のお宅を訪問し、サービス提供を体験します。

今後の介護職のキャリアパス

pixta_7255960_M

ホームヘルパー2級は廃止されたため、2013年4月以降は、介護職の入り口は介護職員初任者研修になります。

  • 介護職員初任者研修課程(130時間)
  • 介護福祉士養成のための実務者研修(450時間)
  • 介護福祉士
  • 認定介護福祉士(仮称)

介護職員初任者研修に関するQ&A

介護職員初任者研修の受講資格はありますか?
受講制限はありませんので、どなたでも受講できます。
ホームヘルパー2級はなくなるのですか?
2013年3月末でホームヘルパー2級は廃止されますが、資格が使えなくなるわけではありません。ホームヘルパー2級に変わり、新たに「介護職員初任者研修」が創設されます。それまでにホームヘルパー2級を取得されている方は、2013年4月以降は「介護職員初任者研修修了者」として引き続き、介護の仕事に携わることができます。
介護職員初任者研修に試験はありますか?
筆記試験が新設されました。カリキュラム修了後に実施され、合格すれば取得できます。
学校や会社に通いながらでも取得できますか?
通信教育や土日開講コース、夜間コース、短期集中コース等がありますので、生活スタイルに合ったコースでの取得が可能です。
介護職員初任者研修の資格は全国で通用しますか?
介護職員初任者研修の資格は全国どこでも通用します。また、有効期限や更新の必要もありません。

 

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修への移行のまとめ

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修への移行に伴い、

  • スクーリングでの実技の受講時間が増加する
  • 全課程修了後の筆記試験に合格する必要がある
  • 30時間の施設実習がなくなる
  • 通信講座では、面接での指導を行なうことが義務付けられる(予定)

など、カリキュラムの変更もあります。